[No.459] GODZILLA 怪獣惑星 <42点>

怪獣惑星



キャッチコピー
・英語版:unknown
・日本語版:滅びるのは、人か、ゴジラか。

 嗚呼、クソガキたちの惑星。

三文あらすじ:20世紀末、突如地球上に出現した巨大生物"怪獣"の脅威に晒された人類は、中でも他の怪獣を駆逐する力を持った個体"ゴジラ"の暴威に戦慄する。半世紀に亘る敗走を重ねた人類は、種の存続を図るため新天地を求めて宇宙へと繰り出すが、22年後に到着した惑星タウEは人類の生存には適さない環境だった。船内での生活も限界に近づいたことを受け、ゴジラ殲滅の僅かな望みと共に危険な長距離亜空間航行によって故郷の地球に帰還した移民船アラトラム号は、既に2万年もの時間が経過した母星の姿に驚くも束の間、生態系の頂点として依然君臨し続ける大怪獣ゴジラの脅威に立ち向かうことを余儀なくされる・・・

スポンサーサイト
Continue Reading

[No.458] マイティ・ソー バトルロイヤル(Thor:Ragnarok) <90点>

thor_ragnarok_ver2.jpg


キャッチコピー
・英語版:No Hammer. No Problem.
・日本語版:死の女神の復讐がはじまる

 我は"神なり"。

三文あらすじ:アベンジャーズとウルトロンの戦いから2年後、神の国"アスガルド"の雷神ソー(クリス・ヘムズワース)は、様々な惑星を巡って"無限の石(インフィニティ・ストーン)"の秘密を探っていた。そんなとき、ソーの父オーディン(アンソニー・ホプキンス)によって追放されていた"死の女神"ヘラ(ケイト・ブランシェット)がアスガルドへ降り立ち、立ちはだかるソーをいとも簡単に敗北させる。宇宙をさ迷い辺境の惑星サカールに流れ着いたソーは、惑星の支配者である"グランドマスター"(ジェフ・ゴールドブラム)の下で剣闘士として見せ物の戦いを強要されるが、そこで再会した"ハルク"ことブルース・バナー(マーク・ラファロ)、かつてオーディンの守護者であった女戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)、そして、同じくヘラに敗北し流れ着いた義弟ロキ(トム・ヒドルストン)と共に"リベンジャーズ"を結成し、ヘラに対する逆襲を開始する・・・

※以下、ネタバレあり。

Continue Reading

[No.457] IT(IT/イット “それ”が見えたら、終わり。) <89点>

it_2017111123594407e.jpg



キャッチコピー
・英語版:You'll float too.
・日本語版:子供がいる町に、“それ”は現れる。

 今も“信じ続ける”俺たちへ。

三文あらすじ:1988年10月、アメリカ、メイン州の田舎町デリーで児童の行方不明事件が相次ぐ中、おとなしい少年ビル・デンブロウ(ジェイデン・リーバハー)の幼い弟ジョージー(ジャクソン・ロバート・スコット)が大雨の日に出掛け、大量の血痕を残して姿を消す。時は経ち、1989年夏、突如現れた“それ(IT)”(ビル・スカルスガルド)を目撃したビルは、恐怖に悩まされることに。彼と同じく“それ”に遭遇した“負け犬クラブ”の面々は、一致団結してその恐怖に立ち向かっていくのだが・・・

※以下、ネタバレあり。

Continue Reading

[No.456] IT <65点>

it.jpg



キャッチコピー
・英語版:Your every fear - all in one deadly enemy.
・日本語版:unknown

 いつの間にか"はみ出して"しまった大人たちへ。

三文あらすじ:1990年のアメリカ、メイン州デリーで、子供だけを狙った連続殺人事件が発生する。デリーの図書館職員であるマイク・ハンロン(ティム・リイド)は、事件現場近くでそこにあるはずのない古い写真を発見し、子供時代に"IT"と呼んでいた奇怪なピエロ、ペニーワイズ(ティム・カリー)の仕業であると確信する。マイクの呼び掛けでかつての約束を思い出し、デリーに集った"弱虫クラブ"のメンバーたちは、30年の時を経て再び恐怖のピエロに立ち向かうのだが・・・

Continue Reading

[No.455] ブレードランナー 2049(Blade Runner 2049) <92点>

blade_runner_twenty_forty_nine_ver4.jpg



キャッチコピー
・英語版:unknown
・日本語版:知る覚悟はあるか ―。

 アンドロイドは"ヒーロー"の夢を見るか。

三文あらすじ:時は2049年、"レプリカント"と呼ばれる人造人間が製造され、社会に組み込まれている未来。ロサンゼルス市警に所属する新世代レプリカントの"K"(ライアン・ゴズリング)は、"ブレードランナー(Blade Runner)"として、かつて反乱を起こした旧型のネクサス・シリーズを"解任"(処分)する職務に就き、自宅ではニアンダー・ウォレス(ジャレット・レト)が社長を務めるウォレス社製のホログラフィー"ジョイ"(アナ・デ・アルマス)と過ごす日々を送っている。あるとき、"K"は反逆レプリカント、サッパー・モートン(デイヴ・バウティスタ)を"解任"するが、そこで発見した"子を産んだレプリカントの白骨死体"を切っ掛けとして自身の存在に疑問を持ち始め、その答えを得るべく、30年前に姿を消した伝説のブレードランナー、リック・デッカード(ハリソン・フォード)の消息を辿り始めるのだが・・・

※以下、ネタバレあり。

Continue Reading