[No.443] セレンディピティ(Serendipity) <90点>

serendipity.jpg




キャッチコピー:『運命の人なら、きっとまた逢える』

 神が"運命"を作り、悪魔が"偶然"を作る。
 ちなみに、ベッキンセールは天使である。

三文あらすじ:テレビ局のプロデューサーであるジョナサン・トレーガー(ジョン・キューザック)は、彼女へのクリスマスプレゼントを買いに訪れたデパートで、ある女性に出会う。ひょんなことから数時間を共に過ごした両者は互いに惹かれ合うが、その女性は「本当に運命の相手ならまた会える。」と言い残し去ってしまう。それから数年後、偶然にも同じタイミングで異なる相手との結婚を間近に控えたジョナサンとその女性サラ・トーマス(ケイト・ベッキンセール)、二人の運命の歯車が、再び静かに回り始める・・・

スポンサーサイト
Continue Reading

[No.442] 2048:ノーウェア・トゥ・ラン(2048:NOWHERE TO RUN)

ntr1.jpg

キャッチコピー: ―

 プロレスラーは少女の夢を見るか?

三文あらすじ:時は2048年、人造人間“レプリカント”のサパー(デイヴ・バティスタ)は、酸性雨降りしきるスラムの片隅で逃亡生活を送っていた。しかし、ある少女の身に危険が迫ったとき、押し殺していた彼の凶暴性が発露する。再び住処を失ったサパーには、もはや逃げ場など残っていないのだろうか・・・

<本編(5分16秒)>


Continue Reading

[No.441] エイリアン:コヴェナント(Alien:Covenant) <54点>

alien_covenant_ver4.jpg



キャッチコピー:『絶望の、産声。』

 かくて、宇宙の悲鳴は鳴りやみぬ。

三文あらすじ:2104年、宇宙船コヴェナント号は冷凍睡眠中の入植者2,000人を乗せ、人類の新天地となる惑星"オリガエ-6"を目指していた。アンドロイドのウォルター(マイケル・ファスベンダー)による管理の元、船は順調に航海を続けていたが、あるとき、ニュートリノ爆発の衝撃波を受け甚大な故障が発生してしまう。冷凍睡眠から目覚めた13人のクルーが修理作業にあたる中、近くの惑星から謎の信号を受信した彼らは、テラフォーミングの専門家であるダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)の反対を退け、その惑星の地表に降り立つのだが・・・

※以下、ネタバレあり。

Continue Reading

[No.440] スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(Scott Pilgrim vs. the World) <79点>

scott_pilgrim_vs_the_world_ver9.jpg



キャッチコピー:『ゲーム、ロック、イケてる彼女、それがぼくの人生の必勝アイテム!』

 女は、人生で一度や二度はワルい男を愛してしまうの。
 でもだからこそ、イイ男に出会ったとき、感謝する気持ちになれるのよ。
  ― マージョリー・キナン・ローリングス

 そして、仮に七度だったとしても、それは変わらないの。
  ― Mr.Alan Smithee

三文あらすじ:友人とバンド活動にいそしむ無職の青年スコット・ピルグリム(マイケル・セラ)は、中国系の女子高生ナイヴス・チャウ(エレン・ウォン)と交際しているにも関わらず、あるパーティで出会ったミステリアスな美女ラモーナ・フラワーズ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に一目惚れしてしまう。ナイヴスそっちのけでラモーナにアプローチをかけ、なんとか良い感じになるスコット。しかし、彼女と真の交際をスタートさせるためには、彼女の邪悪な元カレ軍団7人を倒す必要があった・・・

Continue Reading

[No.439] ピクセル(Pixels) <52点>

pixels_ver4.jpg



キャッチコピー:『ゲームクリアか、全滅か。』

 おお ころんばすよ なさけない

三文あらすじ:1982年、ゲーム好きの少年サム・ブレナー(アダム・サンドラー)は、親友であるウィル・クーパー(ケヴィン・ジェームズ)と一緒に全米ゲーム大会に参加するが、“火炎噴射男(ファイア・ブラスター)”の異名を持つ少年エディ・プラント(ピーター・ディンクレイジ/アンドリュー・バンブリッジ)に決勝戦で破れてしまう。それから35年後、NASAが友好目的で送ったそのゲーム大会の映像を宣戦布告と勘違いしたエイリアン“ヴォルーラ星人”が、様々なゲームを模した兵器で地球への侵略を開始。この事態に、今やアメリカ大統領となったクーパーからゲームの専門家として招集されたブレナーは、ヴァイオレット・ヴァン・パッテン中佐(ミシェル・モナハン)が開発した対ゲームキャラ兵器を携え、地球の命運を賭けた戦いに挑むのだが・・・

Continue Reading