category: 銀行強盗  1/2

スポンサーサイト

No image

[No.320] キリング・ゾーイ/破滅への銃弾(Killing Zoe) <68点>

キャッチコピー:『悪の華を咲かせる。』 棚からぼた餅シルブ・プ・レ三文あらすじ:旧友エリック(ジャン=ユーグ・アングラード)の銀行強盗計画に参加するためフランスにやって来たアメリカ人の金庫破りゼッド(エリック・ストルツ)は、ホテルで娼婦のゾーイ(ジュリー・デルピー)と一夜を過ごす。ゼッドはその後、エリックに誘われるままアルコールとドラッグにまみれたパーティーへ。翌朝、彼らが押し入ったのは、偶然にも...

[No.53] バンク・ジョブ(The Bank Job) <84点>

キャッチコピー:『奪ったブツは、キャッシュとダイヤと王室スキャンダル』 ようこそ、変態紳士の国へ。三文あらすじ:ロンドンで中古車販売店を営むテリー・レザー(ジェイソン・ステイサム)は、幼なじみの美女マルティーヌ・ラブ(サフロン・バロウズ)から、ベイカーストリートのロイズ銀行を襲撃する話を持ちかけられる。多額の借金返済に窮していたテリーは、友人のケヴィン(スティーヴン・キャンベル・ムーア)とデイブ(...

[No.51] 狼たちの午後(Dog Day Afternoon) <74点>

キャッチコピー:『In August, 1972, Sonny Wortzik robbed a bank. 250 cops, F.B.I., 8 hostages and 2000 onlookers will never forget what took place.』 はきだめの”ゲイ”たち。三文あらすじ:1972年8月22日、盛夏の午後(Dog Day Afternoon)、3人の男がブルックリンの小さな銀行に押し入る。しかし、仲間の1人が怖じ気づいて逃げ出したことを皮切りに、金庫にほとんど金が入っていない、いつの間にか警察に包囲されてい...

[No.50] インサイド・マン(Inside Man) <77点>

キャッチコピー:『それは、一見誰が見ても完璧な銀行強盗に思われた・・・。』 暴かれる、銀行と人間の”内面”。三文あらすじ:物語は、ある小さな部屋の中にいる男(Inside Man)の独白から幕を開ける。その男ダルトン・ラッセル(クライブ・オーウェン)率いる銀行強盗チームが、マンハッタン信託銀行を襲撃、50人の人質をとって立て籠もる。通報を受け、NY市警のキース・フレイジャー(デンゼル・ワシントン)が現場へ急行す...

[No.49] パブリック・エネミーズ(Public Enemies) <76点>

キャッチコピー:『奪うのは、汚れた金。愛したのは、たった一人の女。』 草食系男子必見! 伝説の”肉食系銀行強盗”ジョン・デリンジャーの生き様!三文あらすじ:1933年、大恐慌時代のアメリカ。プロの銀行強盗ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)は、大胆な手口で次々と銀行を襲い、FBIから”社会の敵(Public Enemies)No.1”の烙印を押される反面、弱者からは奪わないという信条と紳士的な振る舞いが受け、大衆のヒーロ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。