category: アクション  1/7

スポンサーサイト

No image

[No.412] ジェイソン・ボーン(Jason Bourne) <62点>

キャッチコピー:『≪新章≫始動』 Bourne was born to be BACK.三文あらすじ:世間から姿を消して静かに生活していたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)のもとに、CIAの元同僚ニッキー・パーソンズ(ジュリア・スタイルズ)が現れる。彼女は、CIAが世界を監視・操作するための極秘プログラムを始動させたことと、ボーンにまつわるある驚きの真実を告げる。一方、CIAエージェントのヘザー・リー(アリシア・ヴィキャンデル)は...

[No.409] ボーン・レガシー(The Bourne Legacy) <52点>

キャッチコピー:『ジェイソン・ボーンは氷山の一角に過ぎなかった。』 Aaron was born to be ADDICTED.三文あらすじ:最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム“トレッド・ストーン計画”と“ブラック・ブライアー計画”。その最高傑作として生み出されたスパイ“ジェイソン・ボーン”は、失った記憶を追い求めながら、自身の人生を大きく狂わせた同計画を白日のもとにさらそうと、CIAとの戦いに挑んでいた。その裏で、ボーンに匹敵...

[No.408] ボーン・アルティメイタム(The Bourne Ultimatum) <75点>

キャッチコピー:『最後通告。』 Bourne was born to TAKE IT, PARK IT.三文あらすじ:CIAの“トレッド・ストーン作戦”によって作られた人間兵器ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は、ある任務がきっかけで記憶を取り戻し、CIAを離反。これにより同作戦は放棄されるが、イギリスの新聞記者サイモン・ロス(パディ・コンシダイン)がこの作戦の内容を世間に暴露しようとする。ロスがCIAに暗殺される直前、“トレッド・ストーン...

[No.407] ボーン・スプレマシー(The Bourne Supremacy) <72点>

キャッチコピー:『愛の終わりは、戦いの始まり。』 Bourne was born to TELL THE TRUTH.三文あらすじ:ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が姿を消してから2年後。CIAのパメラ・ランディ(ジョアン・アレン)は、ベルリンでのある事件の調査中に何者かの襲撃を受ける。時を同じくして、謎の刺客に恋人であるマリー・クルーツ(フランカ・ポテンテ)を殺害されたボーンは、敵の正体を突き止めるため、“トレッドストーン計画”...

[No.406] ボーン・アイデンティティー(The Bourne Identity) <78点>

キャッチコピー:『男は、彼らの「武器」となるために訓練された筈だった…』 Bourne was born to LOVE HER.三文あらすじ:ある嵐の夜、イタリアの漁船が引き上げた男(マット・デイモン)は、記憶を失っており、自分の名前も分からない状態だった。数週間後、身元の唯一の手掛かりであるスイスの銀行に向かった彼は、貸金庫に保管されている“ジェイソン・ボーン”名義を含めた6ヵ国のパスポートや大金、拳銃に驚く。やがて暗殺者た...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。