archive: 2013年05月  1/1

スポンサーサイト

No image

[No.224] スペースバウンド(Spacebound) <70点>

キャッチコピー:unknown 2万より無数の星は宇宙に。 数多より無限のドラマはこの胸に。 今までも、そして、これからも。三文あらすじ:宇宙船が故障し、広大な宇宙に取り残された少年とその愛犬。酸素残量が残り少なくなる中、犬は無邪気に走り出す。死の淵の束の間、全てを忘れ夢中で遊ぶ2人は、最期の時に何を見るのか・・・<本編(2分48秒)>Spacebound 投稿者 ellensu...

[No.223] ロスト・ハイウェイ(Lost Highway) <62点>

キャッチコピー:『いかがわしい映画』 勘弁してくれよ、二日酔いなんだから。三文あらすじ:ある朝、サックス奏者のフレッド・マディソン(ビル・プルマン)が自宅のインターホンに出ると、「ディック・ロラントは死んだ。」との一言だけが聞こえてくる。またある朝、フレッドと妻のレニー(パトリシア・アークエット)は、自宅前に置かれた差出人不明のビデオテープを発見、そこには、何と自分たちの家の室内の映像が収められて...

こんなん買っちゃいました <第3幕>(アイアンマン Mark.42)

 第3幕。 本国、日本、そして世界中で大ヒットを記録した人気ヒーローシリーズ第3弾にして完結編『アイアンマン3』より、今回紹介するのは、“アイアンマン Mark.42”。...

こんなん買っちゃいました <第2幕>(ビッグチャップ・エイリアン)

第2幕。前回紹介した『スター・ウォーズ』よりも大好きなSFホラーの金字塔『エイリアン』より、今回は、最凶の完全生物“ビッグチャップ・エイリアン”のフィギュアを。...

こんなん買っちゃいました <第1幕>(ダース・ベイダー)

 筆者も映画ファンの端くれとして、寂しい懐状況の中で細々と映画グッズ収集に精を出している。 この「こんなん買っちゃいました」シリーズでは、そんな筆者のコレクションを僭越ながら自慢していきたいと思う。 まずは、第一幕、ダース・ベイダーの話。...

[No.222] イージー・ライダー(Easy Rider) <89点>

キャッチコピー:『彼らは“アメリカ”を見つけに旅に出た。しかし、そんなものはどこにもなかった。』 Born To Be Wild. Live To Be Free. Die To Be A Easy Rider.三文あらすじ:コカインの密輸で大金を得たワイアット(ピーター・フォンダ)とビリー(デニス・ホッパー)は、ハーレー・ダビッドソンで旅に出る。それは、カリフォルニアから“マルディグラ(謝肉祭)”が行われるニューオーリンズまでの自由な旅。道中、弁護士の...

[No.221] ゾンビ・ストリッパーズ(Zombie Strippers) <88点>

キャッチコピー:『もう、我慢できない。』 人は女に生まれない。女になるのだ。  - シモーヌ・ド・ボーヴォワール ときに、その命尽きてから。  - Mr. Alan Smithee三文あらすじ:度重なる戦闘により戦力不足に陥っていたアメリカ軍は、死者を蘇らせるウイルスを開発し、兵士を再利用しようと画策するが、ウイルスによって生み出された大量の生ける屍が研究所を占拠、特殊部隊によって掃討されるも、感染した一人の隊員が...

[No.220] マチェーテ(Machete) <86点>

<『グラインドハウス』版“ウソ予告”><本予告>キャッチコピー:『ヤツが飛ぶとき、首も飛ぶ』 泣く子も黙る“ガチンコヒーロー”推参!三文あらすじ:メキシコ連邦捜査官“マチェーテ(Machete)”(ダニー・トレホ)は、愛用の山刀(マチェーテ)で悪人を狩る、正義感に溢れた凄腕の男。しかし、あるとき麻薬王トーレス(スティーブン・セガール)の罠にかかり、最愛の妻と娘を殺されてしまう。3年後のアメリカ、テキサス州、不法...

[No.219] ゴジラ vs スペースゴジラ <62点>

キャッチコピー:『破壊神降臨』 生き残る“哀戦士”たち。三文あらすじ:1995年、三枝未希(小高恵美)の超能力によってゴジラを操るという“T-プロジェクト”のため、Gフォース少尉、新城功二(橋爪淳)は、ゴジラの住み処であるバース島に赴き、そこで、ゴジラ退治に執念を燃やす男、Gフォース少佐、結城晃(柄本明)に出会う。時を同じくして、宇宙からゴジラ型の怪獣がバース島に飛来しゴジラを圧倒、リトルゴジラを結晶体に幽閉...

[No.218] ゴジラ vs デストロイア <82点>

キャッチコピー:『ゴジラ死す。』 自衛隊の攻撃を受けたとき。 最強の敵と対峙したとき。 メルトダウンの危機に瀕したとき。  少年よ、“怪獣王”はいつ死ぬと思う?三文あらすじ:1996年、バース島の爆発消滅から1ヶ月後、香港に姿を現したゴジラは、全身が赤く発光し、いつ核爆発を起こしてもおかしくない危険な状況にあった。同じ頃、海底トンネルの工事現場から出土した太古の地層を調査した研究者、伊集院研作(辰巳琢郎...

[No.217] ゴジラ vs ビオランテ <54点>

キャッチコピー:『勝った方が人類最大の敵になる』 ゴジラ vs 自衛隊。ときどき、ビオランテ。三文あらすじ:1985年、ゴジラ襲撃直後の東京で自衛隊がG細胞(ゴジラ細胞)を回収するも、サラジア共和国のスパイがこれを強奪、サラジアへと送られたG細胞は、現地で研究を続ける白神源壱郎(高橋幸治)の手に渡るが、米バイオメジャーの強襲を受けた白神博士は、最愛の娘、英理加(沢口靖子)を失う。それから5年後、三原山火口内...

[No.216] ガメラ3 邪神<イリス>覚醒 <92点>

キャッチコピー:『わたしはガメラを許さない。』 もういちど出来るなら、ここにもどってあの姿を。三文あらすじ:レギオンとの死闘から3年後、地球エネルギー“マナ”の大量消費によって環境に歪みが生じ、世界各地でギャオスが大量発生する中、その調査を担当することになった鳥類学者の長峰真弓(中山忍)は、今ではホームレスとして怪獣に怯える日々を過ごす元長崎県警警部補の大迫力(螢雪次朗)と偶然出会い、調査隊に勧誘す...

[No.215] ガメラ2 レギオン襲来 <95点>

キャッチコピー:『消滅するのは、日本か、レギオンか。』 我々は、“同志”であるがゆえに。三文あらすじ:ギャオス襲来から1年後の北海道、隕石の落下直後から近郊でビール工場のガラス瓶や光ファイバーケーブルの消失という奇怪な事件が発生し、たまたま落下現場に居合わせた札幌市青少年科学館学芸員、穂波碧(水野美紀)は、隕石調査を担当する自衛隊二等陸佐、渡良瀬佑介(永島敏行)に、隕石自体が移動しながら近郊での事件...

[No.214] ガメラ 大怪獣空中決戦 <85点>

キャッチコピー:『超音速の大決闘。』 海に、陸に、空に、そして、僕たちの心の中に。三文あらすじ:太平洋上で海上保安庁の巡視船が巨大な環礁を確認、後日調査に乗り出した海上保安庁の一等航海士、米森良成(伊原剛志)と保険会社社員、草薙直哉(小野寺昭)は、環礁上で多数の勾玉と古代アトランティスの碑文を発見し、環礁が巨大生物であることを知る。時を同じくして、五島列島の姫神島で一夜にして島民が姿を消す事件が発...

[No.213] アイアンマン3(Ironman 3) <74点>

キャッチコピー:『さらば、アイアンマン』 鋼鉄のヒーロー、錆びる。三文あらすじ:アベンジャーズの戦いから1年、不眠症に悩まされ、不安から逃れるために新スーツの開発に没頭する“アイアンマン(Ironman)”ことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、恋人にして巨大企業スターク・インダストリーズの現CEOペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロー)ともすれ違いの日々を過ごしていた。ペッパーの元同僚であり、十...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。