--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28
2012

[No.111] ノース・アトランティック(North Atlantic) <93点>

na1.jpg

キャッチコピー:『GOLF TANGO TANGO. ARE YOU THERE?』

 人生を奏でよう。

三文あらすじ:アゾレス諸島、コルボ島の管制塔で今日もヒューゴ(Francisco Tavares)は当直に就いた。嵐の接近により船は海に出ておらず、暇になるかと思われた夜だったが、レーダーに航空機の反応が表示される。パイロットのジェームズ(Clive Russell)という老人は、嵐に視界を奪われあてもなく北大西洋(North Atlantic)上空の飛行を続けていたことを無線でヒューゴに話すが、機の燃料は到底陸地まで保つほど残されてはいなかった・・・

<本編(15分)>



~*~*~*~

 
 当ブログがこれまで紹介したショートフィルムの中では、本作が一番だ。間違いなく一番である。涙もろい人、あるいは、筆者と同質の琴線を有している人は、業務用のティッシュペーパーを準備してから、鑑賞に望んでいただきたい。

 とはいえ、本作の良さを客観的かつ合理的に説明することはいささか難しい。目新しい展開や演出は無いし、役者の演技が飛び抜けて良いという訳でも無い。そこにあるのは、果てしない北大西洋を孤独の中進み続ける老パイロットとしがない独身管制官との小さな心の交流。

 互いの顔も知らず、一方は死に逝く運命だと知りながら、彼らは真面目に向き合い、陽気に語り、そして、優しく奏でる。無線をたまたま聴いていた灯台守が途中参加してくるところなんか、もう…。完全にツボに入った。体中のツボというツボが、全ての秘孔が一度に突かれたような、そんな衝撃。鳥肌が、いや、いわゆる“ドリ肌”というやつが、筆者の全身を包む。

 ラストで明かされるジェームズのメモ。これが素晴らしく良い。

 “One Day, We’ll Play Together Again. Take Your Time.”
 (いつかまた、一緒に奏でよう。あせらずゆっくり来たらいい。)

 この年になって、こんなにむせび泣くことが他にあろうか。卒業式でも泣いたことがなく、友人の結婚式でも涙一つ見せなかった筆者が、どこの誰とも知れない人物の作った15分足らずのショートフィルムに完膚無きまでに激しく心打たれる。

 ヒューゴとジェームズの物語は、映画という媒体を介して、あの北大西洋の夜のようなステキな感動を今日も世界中の誰かに提供しているのだ。

点数:93/100点
 本当に素晴らしい。いやぁ、映画って、本当に良いものですね。

(鑑賞日[初]:2012.6.28)






ティッシュペーパー業務用ティシュ200w グリーンセービング OPP袋入り(1セット60個入)

新品価格
¥4,728から
(2013/3/27 01:42時点)


初級アマチュア無線予想問題集2013年版: 完全丸暗記

新品価格
¥1,260から
(2013/7/16 01:04時点)



関連記事
スポンサーサイト

Tag:涙腺爆発 男には自分の世界がある お酒のお供に

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。