5 Comments
Kings Speech



キャッチコピー
・英語版:It takes leadership to confront a nation's fear. It takes friendship to conquer your own.
・日本語版:英国史上、もっとも内気な王。

 内気な王が挑むのは、史上最も孤独で最も勇敢な“戦争”。

三文あらすじ:幼い頃から吃音(きつおん)に悩んできた英国王ジョージ6世(コリン・ファース)。彼の妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ矯正の専門家ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)に、夫の話し方(The King's Speech)を直すよう依頼する。風変わりなライオネルに戸惑いながらもジョージが特訓に励む中、第二次世界大戦前夜のイギリスは、“王の演説”(The King's Speech)を必要としていた・・・


~*~*~*~

  
 映画には予告編がつきものだ。いつから予告編というものが作られ出したか知らないが、少なくとも1939年の映画『風と共に去りぬ』において、既に短い予告編が制作されている。そして、今では映画に欠かせない存在となった予告編。短いものは30秒程度、長いものでは4分程度で本編のあらすじを紹介し、その良さを伝える。もっとも、ときには誇大広告丸出しの予告編もあって、本編には無いシーンや本編には無い音楽を使用し、それを楽しみに本編を観た者をがっかりさせることになる。

kingsspeech1.jpg


 例えば、1998年の米映画『シティ・オブ・エンジェル』の予告編は、映像にマッチした非常にステキなBGMに魅せられた客が大勢映画館に足を運んだのだが、本編ではこの音楽が一切使われず、公開後問い合わせが殺到したらしい。他にも『ワルキューレ』の予告編には『SAW』のメインテーマが使用されていたし、『インデペンデンス・デイ』の予告編冒頭で宇宙船が登場する際には『スピード』のメインテーマの一部が効果音として使用されている。このように、違う映画の音楽を使用するというパターンは予告編制作においては日常茶飯事である。

kingsspeech2.jpg


 以上のようにして、どうしようもない駄作が素晴らしい予告編のおかげで一定の集客を得るという事態が時折発生する(『シティ・オブ・エンジェル』や『ID4』は駄作ではないが。)。まぁ、何本も映画を観ていると予告編に騙されることもしばしばで、そんなときは予告編製作者との騙し合いに負けた自分を少々恥じ、彼らに賛辞を送ることもできる。しかし、本作の予告編はこれとは少し事情が違う。本作は決して駄作ではない。それどころか、第83回アカデミー賞において作品賞主演男優賞(コリン・ファース)監督賞(トム・フーパー)脚本賞(デヴィッド・サイドラー)という主要5部門中実に4部門を受賞した、大変名誉ある作品である。事実、本作は素晴らしい。まず、ジョージ6世を演じるコリン・ファースの吃音の演技が素晴らしい。ジェフリー・ラッシュ演じる偏屈スピーチ矯正家ライオネルの飄々(ひょうひょう)として、それでいて奥深い演技も素晴らしい。ヘレナ・ボナム=カーター演じるエリザベスの軽快でときにエモーショナルな演技も素晴らしい。コメディ部分も品良くマッチしているし、前振りが効いているから最後のスピーチも盛り上がる。本作は、本当に素晴らしい映画なのである。

kingsspeech3.jpg


 が、しかし!本作では予告編が良く出来過ぎているのである。本作の予告編は、本来なら観なかったはずの駄作を観せられた、という意味ではなく、良くできた本編が、より素晴らしい予告編に見劣りしてしまうという点で、観客の、少なくとも筆者の期待を裏切るものになっていたのだった。冒頭は、まず主人公ジョージ6世の王族としての立ち位置を軽く説明。その際、当時婚約で盛り上がっていたウィリアム王子の直系尊属という点を示すことで、イギリス王室にあまり詳しくない日本人も興味を引かれる。前半は、状況説明と雰囲気説明である。吃音に悩む内気な王ジョージ6世、それを真摯に心配しながらも独特の自立性を持つ妻エリザベス、風変わりなスピーチトレーナーライオネルというキャラを端的に紹介していき、彼らが愉快にトレーニングに励む様を示していく。

kingsspeech4.jpg


 そして、第二次世界大戦勃発という史実を提示したところから、感動感動、怒濤の後編に突入する。大戦前夜、不安を抱えるイギリス国民たち。対するヒトラーは当時最強の指導者、そして、最高の話術の使い手。戦術や戦局、武力や兵力ではなく、スピーチの上手さで勝てるかどうか。物語はここに収束していく。たかがスピーチと言ってしまえばそれまでだが、ジョージ6世は"王"だ。軍人ではない。軍人には軍人の戦いが、庶民には庶民の戦い方があるように、ジョージ6世は、第二次大戦前夜、"王としての戦争"に挑むのである。話の切り口こそこれまでの戦争映画とは一線を画する斬新なものだが、その根底にあるのは、紛れもなくベタな熱血根性ものの精神。本編が有するこの最高のコンセプトを、本予告編はこれ以上ない簡潔さと適切さで表現しきっている。

kingsspeech5.jpg


 途中にプロペラ機のシーンを差し挟むのも上手い。このシーンは、本編においては後半の盛り上がりで出てくるものではなくて、熟女に入れ込むダメ兄貴エドワード8世が序盤にイキって乗ってきたときのものである。しかし、これを挿入することで、戦争が始まる!というストーリー上の躍動感と、レトロな時代感を表現することに成功している。なんだかんだで観客は“戦争”というアクション要素が好きだし、レトロな雰囲気は客の“引き”がいい。

kingsspeech6.jpg


 そして、なんと言っても、“王の椅子”を前にした2人のやり取り。このシーンは何度観ても泣いてしまう。

 「話を聞け!」
 「なぜあなたの話を?」

kingsspeech7.jpg

「伝えるべきことがある!」
(Because, I HAVE A VOICE!)


kingsspeech8.jpg

「…その通り。」
(Yes,You Do.)


 ここで今までの危機感を煽る音楽から、壮大で感動的な音楽に切り替わる。ベタな演出だが、バッチリきまっている。

 ”英国史上もっとも内気な王が、世紀のスピーチに挑む。”

 ナレーターの声も最高(誰が担当しているかは、本稿のコメント欄参照。)。ラスト、果たしてジョージ6世はスピーチを成功させることができるのか!?絶妙のタイミングで予告編は終了。正直筆者は、公開前にこの予告編を観て号泣してしまった。これは何としても劇場に足を運ばなければ!!

kingsspeech9.jpg


 さて、本編であるが、先ほども述べた通り、本当に素晴らしい。しかし、あまりにも完成度の高い予告編に魅せられた観客はこう思うだろう。”なんか予告編と違ってダラダラ長いなぁ。”予告編は2分22秒、本編の尺は111分。本編には予告編では描かれないジョージ6世の家族の話、ジョージ6世が王位を継承するまでのいきさつ、ライオネルの家族の話、ライオネルとの特訓の詳細などがきちんと描かれる。当たり前だ。

kingsspeech10.jpg


 しかし、重要な部分は全て予告編に登場していて、その他の状況説明はどうしても全て冗長に感じてしまう。しかも、最も盛り上がる王の椅子を前にしたシーンや開戦スピーチに臨むシーンも、予告編より感動が分散されてしまっているし、そもそも予告編ほどは盛り上がらない。なんだ、がっかりだなぁと感じてしまうのは、まさに本末転倒だが、それだけ本作の予告編が良くできているということでもある。予告編という性質上もちろんラストでジョージ6世の開戦スピーチがどうなったのか、という部分は描かれず、大いに本編を期待することになるのだが、この部分も実際観てみると予想よりは盛り上がらない。

kingsspeech11.jpg


 このように、映画では素晴らしい本編をさらに上回る傑作予告編というものが、希に出現する。近年では、2008年公開、第81回アカデミー賞において作品賞を含む8部門を受賞した傑作『スラムドッグ$ミリオネア』がそうであった。そんなことがあるので、筆者はアカデミー賞でも「最優秀予告編部門」を作ればいいのにと常々思っている。予告編業界では毎年最優秀を選出する賞が一応あると聞いたことがあるが、予告編だって著作権法上は立派に映画の著作物なのだから、もっと権威ある賞を与えて制作のイニシアチブを与えるべきではないだろうか。まぁ予告編は、映画配給会社が作る場合と予告編制作会社に外注する場合があって、権利問題の関係から難しいのかもしれないが。

kingsspeech12.jpg


 ちなみに筆者は、勝手に”ヨコデミー賞”と称して毎年その年の最優秀予告編を心の中で決めているのだが、『英国王のスピーチ』は、もちろん2010年の最優秀予告編である。

点数:84/100点
 既に述べた通り、本作は非常に素晴らしい。しかし、それでも映画史に残る大傑作という感じではなく、すごく良くできたステキな映画だなぁ、といった感じ。もちろん、予告編の点数は、文句なしの100点満点だ。

(劇場鑑賞日:2011.3.1)
(劇場:TOHOシネマズ なんば)

英国王のスピーチ スタンダード・エディション [DVD]

新品価格
¥1,219から
(2013/3/24 00:08時点)


英国王のスピーチ スタンダード・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥2,007から
(2013/3/24 00:09時点)


映画は予告篇が面白い (光文社新書)

中古価格
¥1から
(2013/4/14 09:37時点)


高級スケベ椅子 ラメ入り ゴールド

新品価格
¥16,800から
(2013/3/24 00:11時点)


関連記事
スポンサーサイト
Mr.Alan Smithee
Posted byMr.Alan Smithee

Comments 5

There are no comments yet.
タムタム  
初めまして。

初めてこのブログに訪問させていただきました。
自分も、予告編フェチで、予告編賞というものがあったらいいのに、と強く思ってました。
おっしゃる通り、この『英国王のスピーチ』の予告編は傑作ですね!
実はこのナレーションの声が好きで、それを調べれている中でここにたどり着きました。ネットで調べてもなかなかナレーターさんの名前にたどり着きません。。本当に、誰なんでしょうか。。

2015/04/30 (Thu) 10:19 | EDIT | REPLY |   
Mr. Alan Smithee  
Re: 初めまして。

初めまして!
拙稿を読んでいただきありがとうございます!

『英国王のスピーチ』予告編のナレーターは確かに調べてもあまり出てこないですね。
俳優の遠藤憲一ではないか?との見解を見ましたが、実は筆者も漠然とそう思っていました。
遠藤さんではないのでしょうか?

ちなみに、筆者の中で印象的な遠藤憲一の予告編ナレーションは『マトリックス・リローデッド』です。
特に「そして、死ぬ意味は?」の部分がなんだか“無駄に”格好良くて、よく弟と真似していました。

2015/05/02 (Sat) 02:26 | EDIT | REPLY |   
タムタム  
ナレーター

あの後、ナレーターについて根気よく調べたら、相澤雅人さんという方だとわかりました!(「マスターカード」や「鹿島建設」などのCMもやられています)
しかも、彼はなんと予告編制作が本業で、「英国王のスピーチ」の制作をされた方でもあるとのことです!
それを知った時ちょっとびっくりしました、予告もナレーターも同じ人があんなに素晴らしいものを造ったなんて。

2015/05/03 (Sun) 15:38 | EDIT | REPLY |   
あ  
一緒だ

私もまったく同じことを思っていました
あの短い予告編に魅せられたのです
ナレーターが誰なのか検索していてここに辿り着きました笑

本編も確かに良い作品です
しかし如何せん長い
私は何度みても途中で寝てしまいました

ナレーターの名前がわかったことに感謝致します
タムタムさんありがとうございます

2015/05/28 (Thu) 06:43 | EDIT | REPLY |   
Mr. Alan Smithee  
Re: 一緒だ

ナレーターを探していてここに辿り着く人が2人もいるということは、まだまだ世間の予告編に対する興味が薄い証拠ですね。
タムタムさんのおかげで無事にナレーターも判明しましたし、大感謝です。
これからも予告編で魂を燃えたぎらせていきましょう。

2015/06/03 (Wed) 22:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply