31
2012

[No.22] 月世界旅行(Le Voyage dans la Lune) < - 点>

CATEGORYSF
A Trip To The Moon

キャッチコピー:無し

 空想科学映画の始祖に、惜しみない敬意と愛を込めて口づけを。

三文あらすじ:学者達の話し合いで月世界旅行(Le Voyage dans la Lune)を行うことが決定する。選抜された5人の学者が月に向かうが、そこで待っていたのは月に住む”月人”。月人に襲われた一行は、会長の活躍で命からがら逃げ出し、無事地球に帰ってくるのだった・・・

<本編(11分49秒)>



~*~*~*~
 

 本作は、1902年、フランス人監督ジョルジュ・メリエスによって生み出された史上初のSF映画である。フランス映画なので原題は『Le Voyage dans la Lune』、英語では『A Trip to the Moon』と訳されている。

 そもそもフランスは映画発祥の地で、1890年代初頭にリュミエール兄弟が映画を発明した。そして、1894年、人類史上初の実写映画『工場の出口』が制作される。工場から出てくる人々を撮っただけの50秒間の映像。ここから映画の歴史は始まったのだ。
 それから8年。リュミエールに触発されたメリエスの手によって、映画の中ではあるが、人類は月に到達する。実際に人類が月面に降り立つのはそれから70年弱も後のことであるから、人間の想像力は偉大だなぁと感慨深い。
 まぁ、筆者は映画史に明るくないので、映画の技術・文化がその後どのようにして今日に至るのかは、Wikipediaを参照してもらえれば幸いだ。

 ところが、映画史についての講釈を切り上げたところで、本作について評論することなど実は無いのである。というか、人類史上初のSF映画に無粋な突っ込みを浴びせかけるなど、おこがましいことこの上ない。

 ただ、一点だけどうしても笑ってしまうのは、学者一行が月に着くや否や一斉に仮眠を取るシーン。こういう発想は逆に無かったと目から鱗である。コールドスリープなどで眠りについたまま目的の星に着陸した宇宙飛行士は今まで何人も映画に登場しているだろうが、目的地に到着するなり就寝した宇宙旅行者は、おそらくこの学者達が最初で最後ではないか。実際に人類で初めて月面に降り立ち「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」との名言を残したニール・アームストロングとは大違いである。やっぱり人間の想像力は偉大だなぁ。っていうか、念願の月面到達なんやから、眠気は我慢しろ!

 もう一点、今度は良いところについて言及するなら、本作は100年以上前の映画であるにもかかわらず、このトリッキーな月着陸シーンを筆頭に、宇宙パートが意外とおもしろい。月人を傘で叩くと煙になって消えていく演出は爽快だし、”月の瞳にキスをする”という大変ロマンティックな表現も飛び出す。もっとも、月の顔面は少し気持ち悪いが。キスというか、完全に眼球が損傷していると思われる。しかしまぁ、宇宙に出てからが盛り上がるとは、さすがSF映画の始祖。『アルマゲドン』も少しは見習って欲しいものである。

 さらに、もう一点だけ付け加えると、ラストでの会長の安否が心配される。”海に落ちたが宇宙船は密閉されていたので大丈夫”ということは、生身の会長は・・・。もし身を挺して他のクルーを救ったのであれば、それこそハリー・スタンパーだ。

点数: - /100点
 測定不能。あれよあれよという間に、結局無粋な突っ込みを浴びせかけてしまった。反省である。
 ところで、本作は既にパブリックドメインだから、ネットで自由に鑑賞することができる。本稿にも英語版ではあるが全編を貼っておいたので、大いなる感謝と尊敬を込めつつ、ちょっとだけ突っ込みながら楽しんでいただきたい。

(鑑賞日:2012.1.31) 










ジョルジュ・メリエスの月世界旅行 他三編/映画創世期短編集 [DVD]

新品価格
¥1,609から
(2013/6/24 04:21時点)


月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術 Blu-ray

新品価格
¥3,730から
(2013/3/24 00:19時点)


眠眠打破 (50ml)

新品価格
¥2,380から
(2013/3/24 00:20時点)


本革眼帯 鍔(つば)型 侍眼帯 本皮眼帯

新品価格
¥1,050から
(2013/3/24 00:21時点)



関連記事
スポンサーサイト

Tag:最高のキス 睡魔注意 天の光はすべて星

2 Comments

庄屋弁当  

アランスミシー

こんばんわ
アランスミシーという名をみて
センスの良さにひかれ遊びに来ました。

架空の監督名義の名前ですよね
今は禁止となってますけどね

また、遊びに来マース

2012/01/31 (Tue) 02:14 | EDIT | REPLY |   

Mr.Alan Smithee  

Re: アランスミシー

おっしゃる通りです。
自分の名前をクレジットしたくなかったので、
全米監督協会に内緒で借用しました。

いつか『夏の日にさよなら』から『アラン・スミシー・フィルム』まで、
アラン・スミシー名義作品を制覇したいです。

2012/02/08 (Wed) 03:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment