--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23
2013

[No.245] クリーチャーズ 異次元からの侵略者(John dies at the end) <67点>





キャッチコピー:『Just so you know...They're sorry for everything that's about to happen.』

 超能力番長 feat. ソイソース。

三文あらすじ:謎のドラッグ“ソイソース”によって次元を越えた超能力を身につけた青年デヴィッド(チェイス・ウィリアムソン)は、ジャーナリストであるアーニー(ポール・ジアマッティ)に真実を語る。始まりは、数年前、親友のジョン(ロブ・メイズ)から電話て呼び出されたデヴィッドは、彼の自宅に赴き、謎のドラッグや異次元からの侵略者といった要領を得ない話を聞かされる。状況が飲み込めないジョンは、誤って“ソイソース”を摂取してしまったことから、世界の命運を賭けた戦いに巻き込まれていく・・・


~*~*~*~


 まずは、作品解説から。本作の監督は、ドン・コスカレリという人物。知ってる人は知っている、しかし、知らない人は全く知らん!というカルト映画界の巨匠らしい。他の代表作としては、例えば『ファンタズム』『プレスリーvsミイラ男』などがある。

『プレスリー~』に関しては、筆者もその荒唐無稽極まりないあらすじに強く惹かれ、いずれ鑑賞してみようと思っていた作品である。カルト映画界でこれだけ信奉者がいるということは、コスカレリという人物はきっと変態名監督に違いない。そんな彼がなんと10年ぶりに撮った作品が、本作である。

jde2.jpg


 キャストについては、筆者はあまり知らない。唯一知っているのは、記者アーニーを演じるポール・ジアマッティだ。個人的に一番印象的だったのが、『レディ・イン・ザ・ウォーター』クリーブランド・ヒープ。このキャラクターは、彼にしては珍しい主役。その他はほとんど脇役を演じている、名バイ・プレイヤーである。ちなみに、彼は、本作に出演すると共に制作総指揮も務めている。

jde1.jpg


 さて、続いて本作の内容であるが、まず、タイトルについて。B級クリーチャー系作品ということで、邦題は『クリーチャーズ 異次元からの侵略者』という“いかにも”なもの。一般的な映画鑑賞者なら、まず手に取ることはないであろう。一方で原題は『john dies at the end』という極めて引きの強いものだ。つまり『最後にジョンは死ぬ』、あるいは『とうとうジョンは死んじゃった』という訳で、オチに向かった経過に興味が尽きない。

jde3.jpg


 では、肝心のストーリーはというと、これがさっぱり分からないのである。“時系列バラし”とまではいかなくても、結構大胆に前後する時間軸が理解を阻害しているのか、あるいは、意外と複雑な登場人物のやり取りや世界観の設定が焦点をブラしているのか、はたまた、筆者の読解力不足なだけなのか。いずれにせよ、なんだかよく分からない内にどんどんストーリーが進行していく。

 しかし、これがおもしろい!なんだかよく分からないのだが、ずんずん引き込まれるのである。たぶんキャラ設定と描き方が匠の業なんだなぁ。さすがカルト界で絶大な人気を誇る名匠の作だけはある。

jde4.jpg


 まぁ、大まかなストーリーは、結局かなり中二病的なものである。謎の薬によって超能力を得た男が、異次元から侵略してくるクリーチャーとの戦いに嫌々ながら巻き込まれていく。世界を救える者は彼以外になく、めくるめく戦いの中で美女との恋もある。男なら誰しもが一度は似たようなプロットを考えたことがあるだろう。そんな作品を59歳にして撮りきった監督は、やっぱりカリスマだ。

jde5.jpg


 本作に対する感想は、以上。おもしろいおもしろいと言っておきながら、結局何がおもしろいのか全く説明していないが、“なんか分からんけどおもしろい!”というのが本作の本質であるように思う。

点数:67/100点
 なんかよく分からんけど、なんかおもしろくて、でもやっぱりよく分からんかったな・・・。という謎の名作カルト・ムービー。とりあえずこの監督に興味が湧いたので、前々から気になっていた『プレスリーvsミイラ男』を近いうちに鑑賞してみようと思う。

(鑑賞日[初]:2013.6.21)










クリーチャーズ 異次元からの侵略者 [DVD]

新品価格
¥2,968から
(2013/6/23 16:16時点)


キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ卓上 150ml

新品価格
¥245から
(2013/6/23 16:17時点)


リサ・ランドール―異次元は存在する (NHK未来への提言)

新品価格
¥998から
(2013/6/23 16:19時点)


中二病取扱説明書

新品価格
¥1,050から
(2013/6/23 16:19時点)




関連記事
スポンサーサイト

Tag:バカ映画 エイリアン侵略系SF わけワカメ意味トロロ ヘンテコ邦題 バディ・ムービー

2 Comments

かずみ  

いつも楽しみにしてます。
できれば上映中の映画の記事も書いて下さい。

2013/07/01 (Mon) 23:56 | EDIT | REPLY |   

Mr. Alan Smithee  

Re:

いつも拙稿を読んで頂きありがとうございます。
筆者は貧乏人ですので、中々映画館に足を運ぶことができず、
自然、過去作のレビューが多くなってしまっています。
今後はできるだけ映画館での鑑賞にも務めていこうと思います。

とりあえず、現在、先日映画館で鑑賞した『真夏の方程式』の感想を営為執筆中です。
乞うご期待!

2013/07/02 (Tue) 02:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。