--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17
2013

[No.291] 50回目のファースト・キス(50 First Dates) <80点>

CATEGORY恋愛




キャッチコピー:『記憶をなくしてしまう自分に、絶対伝えたいこと』

 “忘れられない恋”、あなたにはありますか?

三文あらすじ:ハワイの水族館で獣医師として働くヘンリー(アダム・サンドラー)は、後腐れのない一夜限りの恋を楽しむプレイボーイ。ある日、カフェでルーシー(ドリュー・バリモア)という女性と出会い意気投合するが、翌日会うと彼女はヘンリーのことをすっかり忘れていた。ルーシーが過去の交通事故の後遺症から短期記憶障害に陥り1日分の記憶しか保つことができないということを知ったヘンリーは、それから毎日彼女を口説き、自分に恋させるのだが・・・


~*~*~*~

 
 “恋”なんてのは、極めてあやふやな概念な訳で。“忘れられない恋”がある一方で“思い出したくもない恋”というのも確かに存在している。恋は人それぞれ。つまるところ、各両人間の具体的な作為の積み重ねを一般的抽象的にひとくくりの言葉で表現することには無理があるのであろう。

50fd4.jpg


 とはいえ、本作で描かれる“恋”は非常に特殊。しかも、デリケート。次の日には自分のことを忘れてしまう愛しい人のために、毎朝異なるアプローチで以て恋に落ちさせ、日々その人のためだけに全身全霊の愛を捧げる。こう言えば聞こえは良いし、何よりロマンチック極まりないが、本作のヒロインたるルーシーは、歴とした“障害者”に他ならない。そんな繊細なテーマを正統派な恋愛ドラマとして描くのならまだしも、あろうことか“ロマンティック・コメディ”として描いてやろう!という気概がまず素晴らしいし、その上で見事に描ききってみせたという点が重ねて素晴らしい。

50fd3.jpg


 この絶妙な綱渡りが成功したのは、もちろん秀逸な脚本の妙であろう。しかし、それにも増して筆者が感じたのは、ハワイという楽園を舞台に選んだという点である。これがコンクリートジャングル、ニューヨークや曇天の古都ロンドンなどを舞台にしていたなら、きっともっとずっとどんよりした雰囲気になっていたのではなかろうか。安直な見解かもしれないが、ハワイという現実離れした空間で繰り広げられる本作のラブ・ストーリーは、どこかしら“ファンタジー”のような印象を通常の恋愛映画より強く受ける。

50fd5.jpg


 当然、主役を演じる2人の為人や名演技が功を奏したという部分も無視できない。忘れん坊のヒロイン、ルーシーを演じるのは、もはや“E.T.の子役”というには代表作の多すぎる名女優ドリュー・バリモア

50fd1.jpg


 障害者を演じていても彼女には“悲壮感”が全くない。しかし、それでいて内に秘めた悲しさをしっかり表現する演技力もある。実に素晴らしい。

 そんな彼女のお相手を務めるのは、アメリカでは大人気、日本ではほぼ誰も知らないという名コメディアン、アダム・サンドラー

50fd2.jpg


 彼が“プレイボーイ”である、と言われると若干疑問ではある。とはいえ、“いやらしさ”や“ずるさ”を感じさせない彼のにじみ出る実直さは、ドタバタしながら日々ルーシーを口説いても、障害者を茶化す感じには決してならないのである。

 まぁ、そんなに持ち上げたところで、本作を観た日本人観客のほとんどが、次の日にはアダム・サンドラーのことなど忘れてしまっているのだろうが。

点数:80/100点
 これぞ正真正銘どんなカップルにでも強くオススメできる良作ラブ・コメディ。もし、あなたが筆者と同じくペンギンという動物に並々ならぬ愛着を寄せているのなら、より強くオススメしたい傑作である。

(鑑賞日[初]:2013.9.24)










50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション [DVD]

新品価格
¥800から
(2013/11/17 00:48時点)


50回目のファースト・キス [Blu-ray]

新品価格
¥1,482から
(2013/11/17 00:48時点)


忘れられない恋をしたことがありますか

中古価格
¥1から
(2013/11/17 00:50時点)


上手な恋の忘れ方

中古価格
¥180から
(2013/11/17 00:50時点)



関連記事
スポンサーサイト

Tag:心が温まる話 最高のキス

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。