[No.346] REC/レック([REC]) <77点>





キャッチコピー:『何が起こっても撮り続ける―』

 Yippee-ki-yay, mother"SHOOTING"!

三文あらすじ:消防士を密着取材するため、通報があった建物に同行したレポーターのアンヘラ(マヌエラ・ベラスコ)とカメラマンのマヌー(フェラン・テラッサ)。しかし、そこで見たものは未知の感染症に侵され、凶暴化した人々の姿だった。感染拡大を防ぐため封鎖された建物から、彼女らはなんとか脱出を試みるのだが・・・


~*~*~*~


 2007年公開のスペイン産“POVホラー”の佳作。“POV”、つまり、“主観視点”での撮影によって見せていくタイプの映画である。この手の作品ももはやゾンビさながら巷に蔓延した感があるが、始祖はやはり『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』だろうか。ならば、金字塔は『クローバーフィールド』である。本作と同ジャンルで言うのなら、巨匠ジョージ・A・ロメロの『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』なんてのもあった。

r2_2016080100293663c.jpg


 さて、このように近年様々な作り手が思い思いのコンセプトで以て使用する“POV”であるが、その中でも本作の評価は中々高い。毎度のことながら節操のないハリウッドが翌年ソッコーでリメイクし、その後、現在に至るまで実に4作が制作された。舞台がどんどん広がっていったり、展開がどんどんアクション指向になっていったりと、その様はまるで『バイオハザード』シリーズのようでもある。

r3_201608010029371b6.jpg


 では、本作の何がそんなに良かったのか、というと、個人的には中々特筆すべき部分を見つけられない。全体的な印象を言うなら、良くまとまっていて無駄がない、となる。でも、結局これが一番大事なんだろうな。ホラー映画に関してはなおさらそうだろう。

 いつものように出動した消防隊と彼らに密着するテレビクルー。じわじわと異様な様相を露わにする一棟のアパート。突然閉鎖されるその場所が閉塞と緊迫のるつぼと化すのは、もはやお決まり。一見極めて個性的に見えるアパートの住人たちにしても、つぶさに観察すればみな一様に“ゾンビ映画”に出るべくして出ている定型的なキャラクターであることが理解されるだろう。畳みかける恐怖と束の間の安息のバランス。POVではお約束、暗視装置を使ってのクライマックス。などなど、本作を構成する要素は、全て見事なまでに簡潔であり、常套である。

r4_2016080100293862e.jpg


 まぁ、言ってみれば“ベタ”なのであるが、冗長かつ無益な“悪いベタ”ではない。演出に過剰な気負いや奇のてらいは見受けられず、あくまでも“POV”という一つのアイデアを掘り下げていることが覗える。プロットがベタだからこそ“POV”が活きているとも言えるわけで、筆者は、そんな製作者たちの“本作に向かう姿勢”のようなものに大変な好感を持った。

r5_201608010029398f0.jpg


 あとは、そう、ヒロインであるアンヘラがけっこう可愛い。

r1_201608010029368c7.jpg


 んー、この画像で紹介すると筆者の“げっ歯類顔好き”が露呈してしまいそうであるが、ともかく、アンヘラを演じた彼女は、名をマヌエラ・ベラスコという。スペインの女優である。何やら実際にレポーターの経験があるようで、そういう意味では本作のアンヘラ役はピッタリだったと言えるだろう(本作を見る限りとても元レポーターには見えないのだが。)。

r6_2016080100294719b.jpg


 また、彼女は立派なレポーター役でありながら、どこかしら“少女”の面影を感じさせる“弱ロリータ”なのであるが、そんな彼女が、本作ではタンクトップ一丁で閉ざされたアパートの中を這いずり回りながら七転八倒の大立ち回りを繰り広げる。後半から終盤なんかはもうドロドロのグチョグチョ。まぁ言ってみれば“女版、対ゾンビ型ジョン・マクレーン”である。前半はあんなに無邪気だった彼女が、謂れのない苦難に翻弄され汚れていく様を見ると、邪気に溢れたおっさんである筆者などは、ブルース・ウィリスに向けるのとはまた異なる声援をかけてあげたくもなるのである。

点数:77/100点
 極めて良くまとまった秀逸なホラー作品。ロメロのシンパである筆者などは、「こいつら思いっきり走ってるし、“ゾンビ”ちゃうんちゃうん?」などと例によって偉そうな文句など胸に抱いているのだが、そんなことはすごく些細なことだろう。閉じ込められ、襲われ、美女が頑張る。待ち受けるのは、そこはかとないバッド・エンド。ホラー映画っていうのは、これでいいのである。

(鑑賞日[初]:2015.6.10)

REC/レック [Blu-ray]

新品価格
¥1,486から
(2015/7/13 21:56時点)


スマイルBEST REC/レック [DVD]

新品価格
¥719から
(2015/7/13 21:56時点)


ゾンビの科学:よみがえりとマインドコントロールの探究

新品価格
¥2,052から
(2015/7/13 21:58時点)


げっ歯類のこと (自然スケッチ絵本館)

新品価格
¥1,836から
(2016/8/1 00:32時点)


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback