16
2015

[No.347] アメリカン・サイコ(American Psycho) <68点>

CATEGORYホラー




キャッチコピー:『僕は最高に満ち足りている』

 狂人は、ウォール街にいる。

三文あらすじ:80年代のニューヨーク、ウォール街の一流投資会社P&Pのエリート・ビジネスマン、パトリック・ベイトマン(クリスチャン・ベール)は、高級マンションに暮し、美人の婚約者イヴリン・ウィリアムズ(リース・ウィザースプーン)とも円満な一見して誰もが羨む満ち足りた生活を送っていた。しかし、そんな彼の前に全てが完璧な同僚ポール・アレン(ジャレット・レト)が現れたとき、彼の心の深い闇が解き放たれる。心の渇きを癒すため、日々、道行くホームレスやナンパした美女を殺害するベイトマンに、探偵であるドナルド・キンボール(ウィレムデフォー)の調査の手が伸びる・・・


~*~*~*~


 本作は、なんでもアメリカではけっこう有名な同名小説の映画化らしい。監督は、メアリー・ハロンという人物。そんな人知らん、と思って少し調べてみたら、なんとこの人物は女性監督であった。女性は残虐な物語を作ってはいけぬのか!と詰め寄られたら、当然、めっそうもない、と縮み上がるしかないのだが、それにしても中々に意外である。

as1_2016080100432748a.jpg


 演者の方に目を向けてみると、まず特筆すべきはやはり主役を演じるクリスチャン・ベールであろう。彼はなんでもやる俳優だな。『マシニスト』ではガリンガリンになって話題沸騰だったが、本作のベイトマンも相当ぶっ飛んだ役柄だ。ナルシスト、サイコパス、変態。そんなクレイジーな役どころを実に嬉々として演じ切っている。

as2_20160801004328b34.jpg


 また、アメコミ好きにとって今改めて注目必須なのが、ベイトマンのライバル的同僚を演じるジャレット・レト。彼は、2016年夏公開予定とされている悪役大集合のアメコミ作品『スーサイド・スクワッド』において、純粋なる悪のカリスマ、ジョーカーを演じるのである。ヒース・レジャーのあのジョーカーが鮮烈すぎたため、ジャレット・レト版ジョーカーにも必然期待と注目が集まっているのだが、いくつかのビジュアル・イメージが公開された現状、世間の評判はあまり良いとは言いがたいようである。ちなみにコレがジャレット・レト版新生ジョーカーのイメージ。

jared leto joker


 確か、ハーレー・クイーンに入れ墨を彫ってもらっているシーン、だったはずだ。このイメージ画だけで良いとか悪いとかは断じづらいけれど、まぁ確かにヒース・レジャーが演じた“狂気の深淵”と比べれば、いくぶん“不健康なチンピラ”という趣になっている。

 あと、キャストで注目なのは…誰だろう。ウィレム・デフォーは相変わらず“存在感”が鬼のお面を被って歩いているようなものだし、リース・ウィザースプーンは相変わらずなんかムカツク顔だけどセクシーだ。

as3_20160801004331260.jpg


 とまぁ、本作は、出演者がとっても豪華なのである。では、一方で作品自体の出来はどうか、というと、個人的には、まぁまぁおもしろかった、となる。ただ、もっとベイトマンの残虐性に特化し、一貫して描写してもよかったのかもしれない。エリートサラリーマン同士が名刺を見せ合うコメディシークエンスとか、実は殺戮はベイトマンの妄想だった、という展開などは、少し蛇足なのではないかな。

as4_20160801004331e0d.jpg


 サイコパスの残虐性を楽しむべき作品は、残虐性のみと真摯に向き合えばよい。ところが、Wikipediaによれば、原作ではより詳細な残虐描写があったところ、本作ではあえて抑えたのだ、ということ。おい、なにやってんだよ!それは違うだろうに!血に飢えた殺戮者が心底殺害を楽しみ、最終的にそのまま逃げ切る不条理もよし、逮捕されたり逆に殺されたりするにしても高らかな高笑いなど飛ばしながら終幕していくのがよい。“狂気の深淵”の正しいあり方とは、そういったものなのである。

点数:68/100点
 本作が公開された2000年当時はかなりショッキングだったのだろうし、今観てもなかなか楽しめるサイコパスものであることは間違いない。とはいえ、やっぱりどこか中途半端な感じがする。まぁ、単に最近『SAW』シリーズを2~ファイナルまで一気に観た筆者のモラルが崩壊しているだけの話かもしれないのだが。

(鑑賞日[初]:2015.6.10)










アメリカン・サイコ ―デジタル・レストア・バージョン― [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2015/7/16 20:58時点)


アメリカン・サイコ ―デジタル・レストア・バージョン― [DVD]

新品価格
¥1,000から
(2015/7/16 20:59時点)


アメリカン・サイコ〈上〉 (角川文庫)

中古価格
¥4から
(2015/7/16 21:01時点)


アメリカン・サイコ〈下〉 (角川文庫)

中古価格
¥55から
(2015/7/16 21:01時点)



関連記事
スポンサーサイト

Tag:グロ注意 男には自分の世界がある アイ・ラブ・ニューヨーク

0 Comments

Leave a comment