21
2013

こんなん買っちゃいました<第4幕>(『インデペンデンス・デイ』のエイリアン)

Independence_Day_Alien.jpg

ローランド・エメリッヒが放つ“漢”の魂完全燃焼系SFの金字塔『インデペンデンス・デイ』、通称、『ID4』。
空を覆う超巨大円盤形フライング・ソーサーで地球に侵攻し、人類を恐怖のどん底へと叩き込むのが、筆者が今回購入したエイリアンである。ざっと調べたけれど、特に固有の名前は付いていないらしい。

今回は、そんな愛すべきエイリアンの話。

~*~*~*~

 
$Mr.Alan Smitheeの“時には映画の話を” ANNEX

禍々しいフォルムが格好いい!メタリックな質感がたまらない!
まぁ、若干ちゃちさはあるのもも、それもほとんど気にならない程度だし、なにより今回筆者はこのフィギュアをなんと300円!で購入している。激安だ。
購入場所は、毎度お馴染み、フィギュア好きの魂の在処、難波は“サイケデリア”である。

後頭部の取っ手をつまむと・・・

$Mr.Alan Smitheeの“時には映画の話を” ANNEX

このように、コックピットをしっかりと再現。
本作を観ていない人のために一言添えると、この銀色のナイスガイは、エイリアン本体ではなく、エイリアンの宇宙服というか、言わば“パワードスーツ”のようなもの。いわば“強化外骨格”である。映画内では、このパワードスーツ切開手術中に悲劇が起こる。

と、いうことは、当然スーツ内に収まるエイリアン本体が存在するはずだ。

$Mr.Alan Smitheeの“時には映画の話を” ANNEX

ドーン!
非常にかぇらしいけど、パワードスーツのクオリティに比べ、この本体エイリアンは、実にちゃっちい。
しかも、本体をそのあるべき場所、すなわち、パワードスーツのコックピットに収めようとすると、こんな悲劇が起きる。

$Mr.Alan Smitheeの“時には映画の話を” ANNEX

パクッ!ギャー!
もうちょっとちゃんと考えて作って欲しかった気がしないでもないが、まぁ、安く買えたから良しとしよう。

それから、このフィギュアには、この他にもう一つおまけが付いている。
それが、これ。

$Mr.Alan Smitheeの“時には映画の話を” ANNEX

なんとフロッピー・ディスクである。
どんな楽しい内容が収録されているのか、今では確かめようもないのが悲しい。素子が見たら、きっと“旧式のメディア”と呆れることだろう。

まぁ、そんな感じでいろいろと突っ込み所の多い愉快なフィギュアだった。
以上、こんなん買っちゃいました<第4幕>でした。

SEE YOU NEXT TIME!!
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment