0 Comments
logan_lucky.jpg


キャッチコピー
・英語版:See How The Other Half Steals
・日本語版:悪運も実力のうち!?

 ウェスト・ヴァージニア史上最も"不運"で"幸運"な犯罪ドリーム・チーム。

三文あらすじ:足が不自由で仕事を失い、家族にも逃げられ失意の人生を送る元炭鉱夫ジミー・ローガン(チャニング・テイタム)には、ある企みがあった。それは、まもなく開催される全米最大のモーターカーイベントNASCARのレース中に大金を盗み出すという前代未聞の強奪計画。早速、戦争で片腕を失った元軍人で冴えないバーテンダーの弟クライド(アダム・ドライヴァー)と、美容師でカーマニアの妹メリー(ライリー・キーオ)を仲間に加えたジミーだったが、先祖代々ツキに見放されてきたローガン一家だけでは頼りがない。そこで、この大胆な犯行を成功させるため、彼らは、爆破のプロで現在服役中の変人ジョー・バング(ダニエル・クレイグ)に協力を仰ぐのだが・・・

※以下、ネタバレあり。


~*~*~*~


 少し前に監督引退宣言をしたと思ったら、なんだかしれっと復帰していたスティーブン・ソダーバーグの最新作『ローガン・ラッキー』。ソダーバーグといえば、まぁ『セックスと嘘とビデオテープ』とか『アウト・オブ・サイト』とか『トラフィック』とか色々ありますが、世間的に一番有名なのは、やっぱり『オーシャンズ11』シリーズだろう。ゴージャスなキャストとオシャンティでどこかトボけた演出、そして、段取りの爽快さ。同シリーズの魅力だったそんな要素たちは、本作でも概ね踏襲されている。

loganlucky1.jpg


 『オーシャンズ』シリーズも本作も、どちらもチーム強奪もの、俗に言う"ケイパーもの"に属する作品だ。ただ、本作は、曲がりなりにもその道のプロフェッショナルが集った『オーシャンズ』とは違い、ド素人の障害者兄弟が挑む一世一代、一か八かの大勝負。主人公(兄のジミー)が直面するドラマも、『オーシャンズ』のようなどこか気取った女の取り合いではなく、娘にふさわしい"男"になれるかというダメ親父特有の泥臭いものになっている。そう、つまり本作は、俺たちが大好きな(そして、おそらく世界中のおっさんたちが愛してやまない)"負け犬オヤジのワンス・アゲインもの"なのである。

loganlucky2.jpg


 しだがって、本作を真に楽しく鑑賞するためには、負け犬(元)炭鉱夫ジミーと彼の幼い娘セイディ(ファラ・マッケンジー)との親子愛をしっかりと注視しておくのが正しい。まず、オープニング。オンボロ自動車を修理しながら娘と会話するジミー。間近に控えた美人コンテストでどの曲を歌うべきか、というのが彼らの主たる話題である。曲に纏わる裏話などを披露しながら、ジョン・デンバーの『カントリー・ロード』をオススメするジミーと「でも、ミスコンには合わないわよ。」と切り返すセイディ。ジミーが「スパナを取ってくれ。」と言えば、セイディが「オーケー。5/8? 7/8?」(うろ覚え)と確認する。このやり取り一発で、近年希に見る彼ら仲良し親娘の関係性が、我々に叩き込まれる。

loganlucky3.jpg


 二人が協力してオンボロ自動車を修理していることからも明らかな通り、彼らは、こういう"ダメ親父のワンス・アゲインもの"によくある"関係崩壊系親子"ではない。親父は娘を心底愛していて、娘は世界で一番パパが好き。しかし、親父の"不甲斐なさ"が、彼らの関係を引き裂いていく。言ってみれば、『アイ・アム・サム』的なプロットだ。そして、このオープニング・シークエンスにおけるオンボロ自動車は、そんなジミーという男(あるいは、その人生)の象徴。どこで道を間違えたか、今やガラクタ同然の彼の"自動車"は、愛する娘を守るため、最新鋭のモーターカーたちに戦いを挑むことになるのである(ジミーの妹のクラシック・カーとジミーの元妻(ケイティ・ホームズ)の現旦那の最新カーとの対比でも、このテーマは強調されている。)。シビれるほどに端的でグッとくる。

loganlucky4.jpg


 その後、ジミーが失職し、モーターレース会場からの強奪作戦を立案してからは、お馴染みのソダーバーグ節全開。今や押しも押されぬスターとなったチャニング・テイタムのボンクラっぷりは最高に最高だし、いよいよ公開まで3週間を切った『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』のカイロ・レンとして一躍スターダムにのし上がった実力派俳優アダム・ドライヴァーは、どこかしら闇を抱えた片腕のボンクラ弟役を好演。加えて特筆すべきは、先頃シリーズ第25弾への続投を正式に表明した6代目007ことダニエル・クレイグの怪演であろう。あらゆる批評家から絶賛されている通り、彼の最高にクレイジーでこの上なくクールな立ち居振舞いは、"新境地"という言葉の意味を我々に教えてくれる。

loganlucky5.jpg


 筆者が完膚無きまでに感動してしまったのは、強奪作戦成功後のセイディのミスコンのシークエンスである。筆者はここで図らずもポロポロと涙を流してしまった。舞台袖で準備を進めるセイディ。ジミーは日にちを勘違いし、ミスコンのリハーサルを見に行くという彼女との約束を反故にしているから、頼むから今度こそは間に合って…というハラハラは、セイディと我々に共通の感情。結局、リアーナの『アンブレラ』という流行の楽曲をチョイスしたセイディは、透明の雨傘をちょこんと携え、やや不安げに舞台へと上がる。暗い客席を一瞥するも、そこにパパの姿はない…。と、ここでジミー登場!間一髪間に合った最愛の父の姿を見たセイディは、雨傘を足元に置き、舞台上に組まれたセットを降りていく。え…?と戸惑うスタッフや観客など意に介さず、マイクを手に取る少女。

loganlucky6.jpg


 ここまで本稿をお読みになってくれた殊勝な映画ファンのみなさんは、彼女の選択と次の台詞を既にお察しのことと思う。事実、この週末に酒を酌み交わした際、筆者は実弟に同じようなあらすじを語ってみたのだが、彼はオチ前に見事セイディの言葉を言い当てた。しかし、既に本作をご覧になった方はご存知の通り、劇場での我々は、この時点でオープニングのことなど忘れている。それは、それまでに繰り広げられてきた強奪作戦があまりにも楽しかったから。役者の演技が、トボけた演出が、鮮やかな段取りが、あまりにも魅力的だったから。本当に見事だと思う。でも、それが分かったのは、鑑賞後にゆっくりと本作を反芻したとき。ウツケ丸出しでボケーッと鑑賞する筆者に幼気な少女がそっと差し出したのは、この台詞だ。

loganlucky7.jpg

「今日はやっぱり、お父さんの大好きな『カントリー・ロード』を歌います。」


 拙いアカペラで歌い始めるセイディ。手拍子での応援が次第に屋根を揺らさんばかりの大合唱へと発展していくミスコン会場。そして、涙袋の元栓を失くしたジミーと筆者。ありがとう、ソダバ…! 実は、筆者は"ソダーバーグ節"というものが昔からあまり好きではない(正確には、『オーシャンズ』節。)。それは一言で言って"ちょっと照れてる"から。もちろん、筆者の勝手な表現だが、要は、決めシーンをコテコテに仕上げず、あえてちょっと外す感じ。これが筆者は苦手なのである。ここ最近感想を書いた『IT』とか『ソー:ラグナロク』とは違い、ソダーバーグ作品、特に『オーシャンズ』シリーズは、全体的にちょっとシャレていて、少しトボけている。オシャレを気取ることが問題なのではない。最後にちょっとトボけさせるところが、筆者には"照れ"に思えてしまうのである。

loganlucky8.jpg


 だから、筆者は本作に関してもそういう目線で観ていた。そして、実はそういう目線こそが正しい。ソダーバーグ作品は大なり小なり毎回スタイリッシュだが、決して筆者が求めるようなベタなケレン味を提示しない。彼が描くのは"ボンクラ"であり、しかも、ちょっと引いた位置から俯瞰でボンクラを眺めるその距離感こそが魅力的だ(ひょっとしたら"コーエン兄弟風"と形容した方が適切なのかもしれないが。)。そのような事前の心構えをきちんとしていれば、本作で描かれるボンクラたちの大騒動は、本当に本当に、寸分の不満無く楽しめるものである。そして、だからこそ、本作では『カントリー・ロード』にあっ!と驚かされる。ベタ!最高!なんか!疑って!ゴメン!ちゃんと!序盤で!ネタふりあったな! そんな様々な思考がセイディの一言で一瞬の内に去来し、筆者は近年では本当に珍しく、驚きのあまり泣くという経験をしたというわけである。

loganlucky9.jpg


 もちろん、こういう"意外な展開"のときはいつものことながら、気付かなかった筆者が大ウツケなのだ。しかし、本作に限っては、筆者のようなウツケ者の方が絶対に楽しめる。なぜなら、上記のようなあまりにもベタで美しい親子愛に打ちのめされた者は、その後、ジミーが強奪した金を全て返却してしまうという展開も、「うんうん、それでいいよ、お父さん…。」と納得してしまうから。そして、その後に明かされる、実は見事に金の一部(半分?)は盗み去っていたという展開に心底驚けるからである。

loganlucky10.jpg


 個人的にこの"どんでん返し"は、本当に素晴らしいと思う。大抵のどんでん返しというのは、何かしらの"事実"に騙されるものである。猿が支配する星に自由の女神が建っている、とか、バスルームの真ん中で死んでいたおっさんが起き上がる、とか。あらすじを説明してその事実を告げれば、口頭でもある程度は驚ける。しかし、本作のどんでん返しは、口頭の説明だけでは、その驚きの本質を伝えることが極めて難しい。負け犬親父が大金の強奪を成功させるも、娘がミスコンで『カントリー・ロード』を歌ってくれたから、翻意してお金を返した…と思いきや、実はその一部は懐に入れていたのさ…! こう言っても、何がスゴいのか分からない。仮に、「欲張るな」という"強奪計画のルール"が伏線としてあるんだよ…!と付け加えても、やはり結果は同じだろう。

loganlucky11.jpg


 つまり、本作は、プロットのみではなく、全ての要素を包含した"映画"に騙される作品だ。魅力的な役者の演技。愛すべきボンクラのキャラクターたち。ややオシャレで随分トボけた演出、段取りの妙。そして、真心からそこでオチが付いたと思わせる美しき親子愛。それらを感じ、心底"アイツら"を好きになり、本当にこの作品を楽しんだ者だけが、極上に鮮やかな真のオチに辿り着くことができる。そのオチとは、ちらりと先述した通り、実はジミーは"強奪計画のルール"をしっかり遵守しており、強奪した額の大部分を敢えて返すことでモーターレース側が被害を訴えないようにした、というもの。なぜモーターレース側が沈黙するかと言うと、まずポイントなのは、ジミーらが配電盤を破壊したためクレジット・カードが使用できず、当日のレース会場は急遽全てが現金支払いとなっていたため、正確な被害額を誰も知らなかった、という点。

loganlucky13.jpg


 それから、ヒラリー・スワンク演じるFBI捜査官がモーターレースの社長的な人に「被害総額が正確に分からないのにどうやって保険を申請したのか?」と聞いていたことから分かるように、ジミーらが盗んだ分は保険金で補填されたという点。そして、それらを前提とした上での最重要ポイントは、その際の社長のリアクションから推して図るに、ヤツはきっと被害額を盛って申告し儲けているに違いないということである。そんな公にできない事情もあるから、モーターレース側は被害届けを早々に取り下げるし、世間的には、ジミーらはお高くとまった都会の車好きたちに一泡ふかせ、お金は全て返した"田舎の英雄"として認識されたままというわけだ。

loganlucky14.jpg


 もちろん、一見そこには脚本上の穴、いわゆる"プロット・ホール"があるように思える。つまり、ジミーはなんでモーターレース側のそんなコスい考えを読めたのか、という点だ。大部分の金が戻ってきたとはいえ、もし社長がプライドの塊だったら、「アイツらは…この俺様をコケにしやがった…。」なんて言って復讐を開始するかもしれない。おそらく、ここは合理的な説明が出来ない部分なんだろうと思う。筆者は、ジミーらの強奪計画は"段取り"が見事だ、と先程から何度も言っているが、実は本作には、その他にも「え? それって結局 "運 "が良かったから成立したんちゃうん?」というようなポイントが多い。でも、本作に限ってはそれでいいのである。代々不運に呪われてきたローガン一家が、自らを奮い立たせ、一世一代の賭けに出た結果、"ラッキー"を帰結する。それこそが、この作品の主題。本作のプロット・ホールは、全てプログラムされた欠陥なのである。

loganlucky15.jpg


 加えて、最後の大オチ。これがまた身震いするほど良い落としどころ。ボンクラ弟クライドのバーで飲むジミー。ショット・グラスを6~8個も並べ、全てに酒を注ぐクライド。序盤では"時代遅れのダメ親父"に説得力を与えるために用意されていた"ジミーは携帯代金を滞納しているから電話を使えない"という伏線を、鮮やかに落として見せるのも上手い(滞納してるのに電話が使えるのは、FBIが盗聴しているから→再び電話が死んだということは、FBIが捜査を打ち切った証拠)。勝利に酔うべくショット・グラスを鳴らす二人。そこに中盤で登場したジミーの高校の後輩である美人医師シルヴィア・ハリソン(キャサリン・ウォーターストン)が現れ、ジミーと親密なキス。

loganlucky16.jpg


 あぁ、ちゃんと新しいパートナーが見つかって良かった…と我々が胸を撫で下ろすと、クライドはショットを二つ持って隣の客へ。それは、愛すべきキ○ガイ爆弾屋ジョー・バングとローガン兄弟のセクシーな妹メリー。この取り合わせはややギャグ色が強いが、それでも、あぁ…ちゃんと全員丸く収まって気持ち良い…と思える。我々は、既にこのボンクラ・チームを心の底から好きになっているのだから。では、残る一人、愛すべき片腕のバーテンダー、クライドは? 強奪成功後、彼の元には最新鋭のメカニック義手が送られてきて(包みには一応"アメリカ軍"と送り主の表記があったが、ジミーが強奪した金でプレゼントしたのかも。)、そのハイテク感とそれまでずっと付けていた古臭い義手とのギャップが笑いを生む。とはいえ、そんなマスもかけない無機質な相棒だけじゃあ味気ない。彼にもやはり生身の伴侶をあてがって終わって欲しいよな。

loganlucky12.jpg


 すると、画面手前、顔は見えないものの、一人の女性がクライドを呼ぶ。私にも一杯、一人で飲むのは縁起が悪いからあなたも付き合って、通りすがりよ、でも、しばらくこの街にいたいわ。この心地よい"あてがわれ感"。きっと彼女の顔は見えないだろう。具体的なキャラではなく、クライドにも春が来たよ、というオチを演出するためのモブだ。素晴らしいじゃないか。ローガン一家は、遂にラッキーを手にいれたのである。…なんてフムフム頷いていると、あろうことかその"モブ"の顔が映り、ニヤリと不適に笑うその女は、なんと最後までローガン兄弟を疑っていたあの女性FBIエージェントだったのである…! グーッとカメラが引いていくと、そこには今や店内に飾られている無用の"骨董品"、すなわち、ローガン一家の"不運"の象徴であったクレイグの旧義手が。何かが上手くいきそうになると決まって訪れるローガン一家の呪い。彼らと次なる不運との戦いを予感させ、この愛おしい物語は終幕する。

loganlucky18.jpg


 本作は、エンドロールまで良い。ダラダラ長々とフィルムを無駄遣いせず、一曲流し切ったら、しばらくモーターカーの疾走音。これだけ。シンプルで最高。そして、ラストで登場するテロップを見たとき、筆者のようなウツケ者は、もはや完全に降参してしまう。

 「この映画で "強奪 "されたのは、あなただけ。」

 突然だったのでうろ覚えなのだが、確かに、このテロップの通りなのである。先述のように、ジミーたちはモーターレース側に損をさせていない。保険屋は詐欺にあったとも言いうるが、保険金を支払ったという結果から遡れば、支払うだけの客観的根拠があった(少なくとも、保険屋は納得した)ということなのだから、咎め立てることでもなかろう。ならば、結局のところ、本作のボンクラ兄弟が奪ったものとは一体なんだ? 答えはもちろん、ソダバを侮り、ソダバに騙され、しかし、そんなソダバに感動し、しかし、ラストではやはりソダバ丸出しだったソダバ節に感服した筆者の心だけである。なんてこったい。思いっきりコケにされてこんなにも清々しいなんて、映画ファンにとってこんなにも"不運"な"幸運"はまたとない。

点数:88/100点
 映画批評家が絶賛することも頷ける非常に秀逸なクライム・コメディ。また、筆者としては、"銀行強盗映画"としての本作も見どころたっぷりだと思っている。当然、ローガン一家が襲うのはモーターショー会場であって銀行ではないのだが、(ジョー・バングの弟二人を除いて)フォー・マン・セルの強盗チーム、穴堀りを軸にした巧妙なプラン、そして、なんと言っても実は誰も損をしていない展開と、本作を構成する要素は、どれも筆者が思う"銀行強盗映画"のそれとピッタリ合致している。まぁ、こんな無理矢理なカテゴライズとか、ウツケ丸出しのむさ苦しい説明とかを披瀝してしまったこと、筆者にとって、これは……まぁ"不運"ではなく自業自得であろうな。

(鑑賞日[初]:2017.11.24)
(劇場:MOVIXあまがさき)

Logan Lucky

新品価格
¥1,515から
(2017/11/27 20:33時点)


不運を幸運に変える力

新品価格
¥821から
(2017/11/27 20:35時点)


関連記事
スポンサーサイト
Mr.Alan Smithee
Posted byMr.Alan Smithee

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply