--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16
2012

[No.7] アイアンマン2(Ironman2) <84点>

CATEGORYアメコミ




キャッチコピー:『ヒーローになった男、トニー・スターク。次なる試練。』

 鋼鉄のヒーロー、再び。

三文あらすじ:“アイアンマン(Ironman)”の活躍によって今や世界の紛争は激減したが、一方で、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はアークリアクターの副作用に苦しめられ、その上、政府からパワードスーツの没収を要求される。そんなとき、スターク家に恨みを持つイワン・ヴァンコ(ミッキー・ローク)は、自ら小型アークリアクターを開発し、エレクトリカル・デス・ウィップを駆る“ウィップ・ラッシュ”としてスタークに戦いを挑む。さらに、スターク・インダストリーズのライバル会社社長ジャスティン・ハマー(サム・ロックウェル)がイワンと手を組み大量のドローンを開発、大勢の来場者で賑わうスターク・エキスポを混乱に陥れる・・・

 
~*~*~*~

   
 ポスターは何パターンかある。ブラックウィドーのナイスバディーに後ろ髪を引かれつつも、やはり見事な復活を遂げたあの男に敬意を表し、本作最強のヴィラン”ウィップ・ラッシュ”のものをチョイス。
 キャッチコピーももう1パターンある。『鉄(アイアン)、なめんなよ』・・・これはダサい。客なめんなよ

 さて、前作ではロバート・ダウニー・Jrが見事なカムバックを果たした。そして本作でも見事表舞台に返り咲いた一人の男が出演している。ウィップ・ラッシュを演じるミッキー・ロークである。
 元々二枚目で売っていた俳優で、『エンゼルハート』におけるハリー・エンゼル役は印象的である。人気絶頂の彼は、日本でサントリーウイスキーのCMに起用されたりもしていた。しかし、何を血迷ったかプロボクサー転向を表明。八百長バリバリの試合でかの有名な”猫パンチ”を繰り出し、これが彼の代名詞になってしまう。この頃から俳優としても低迷期に突入し、起死回生を狙った整形が失敗、かつての二枚目は見る影もなくなってしまった。
 そんな墜ちた二枚目俳優ミッキー・ロークを一躍表舞台に返り咲かせたのが『レスラー』で見せた老プロレスラー役の演技である。ピークを過ぎた老プロレスラーを哀愁たっぷりに演じた彼は、この役で第66回ゴールデングローブ賞主演男優賞 (ドラマ部門)を受賞し、第81回アカデミー賞主演男優賞にノミネート。見事なカムバックである。そして、その後出演した本作でも、彼は実に生き生きとヴィランを好演している。まぁ。アークリアクターを単独開発するほどの天才科学者にはとても見えないが、彼が醸し出す重厚さと悲哀が、ウィップ・ラッシュという悪役のキャラクターに深みを与えていることは間違いないだろう。

 さて、本作の内容であるが、まず、トニー・スタークの“次なる試練”が多すぎる。我々が見たいのは、生き生きしたうれしがりのおっさんとしてのトニー・スタークなのに、今回の彼は降りかかる困難への対応でてんやわんや。弱音吐いたりもする。そもそも、ずっと体調の悪いヒーローなんて見れたもんじゃない。しかも、あのロバート・ダウニー・Jrだから、また薬物をやり始めたのかとハラハラしてしまう。
 もちろん、最後にスタークは復活し(自宅で新しい原子を作ったりする!)、大活躍してくれるのだが、この活躍もそれまでのストレスを吹き飛ばす程のものではない。ドローン部隊は弱いし、ウィップ・ラッシュもフルアーマーで再登場した割にはすぐやられてしまう。ラストシーンもフワッとした授賞式からヌルッとエンドロールになだれ込む形で、1のように鳥肌が立つ幕引きではなかった。

 唯一良かったシーンは、オープニングシークエンスである。

 まず、アヴァンでは、スターク家への恨みを残した父の遺志を継ぎ、イワンが自ら小型アークリアクターを開発する過程を描く。そんなん自分で作れるんかい!と一瞬思ったが、よく考えればスタークも拉致先の洞窟で作っていた。天才が2人居たということなのか、リアクターなんか誰でも作れるのか、のいずれかであろう。それにしてもこのオープニングは月並みだ。まず、ここでいったんがっかりする。

 しかし、タイトル登場後のシーンは、アイアンマンの続編を切望していたファンにとって大変満足できるものだったのではないだろうか。筆者などは、全くエモーショナルなシーンではないにもかかわらず、興奮のあまり少し涙してしまったほどだ。
 真っ暗な画面、飛行機のパイロットが無線で話す声のみが聞こえている。飛行機後部の格納扉が開き、我々は、機内に仁王立ったアイアンマンが、開いていく扉から夜の街を見下ろしていることを知る。ここでAC/DCの「Shoot To The Thrill」が流れ始める。カッコイイ。アイアンマンが飛び降り、夜空へ消える。どんどん降下する鋼鉄のヒーロー。周りでは花火が打ち上がり、AC/DCはボリュームを高めていく。やはりカッコイイ。花火が一発アイアンマンに激突するが、大丈夫。彼は強く、そして、おちゃめだ。AC/DCが最高潮に達し、アイアンマンがスターク・エキスポメインステージに降り立つ!ガキーン!

Stark-Expo-from-Iron-Man-2.jpg


 アイアンマンポーズ!!
 わき上がる観客席。踊るセクシー美女たち。スーツを脱がせるマシーンもカッコイイ。カチャカチャCGも健在。
 スタークが口を開く。

 「It's Good To Be Back!」

 おかえり、トニー!
 いやー、このシークエンスはよかったなぁ。初めちょっとがっかりしただけにやたら興奮してしまった。

 あと注目すべきは、本作から登場、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドーである。キャスティングを聞いたときには、あのぽっちゃりさんがボディコンで動き回るなんて大丈夫なんだろうか、と思ったのだが、それは杞憂であった。
 まず、トレードマークのブロンドを赤毛に染めたスカヨハが可愛い。もちろん、おっぱいは相変わらずスーパー・サイズ・ミーだ。そして、動く動く。実戦としては明らかに不必要とみられるアイテムをふんだんに使いつつ、飛んだり跳ねたり滑ったり。こんなスカヨハも結構ありではないだろうか。『アベンジャーズ』も楽しみだ。

 では、最後に、本作のペッパー・ポッツを。

Ironman2 Gwyneth


 グラマラスなスカヨハのせいで、ただでさえ貧相なイメージがより増幅されている。しかも、本作では正式に社長に就任したりして、随分と“固い”イメージ。でも、やっぱり見ている内にだんだんチャーミングに見えてきたりして、いつの間にか虜になっている。素晴らしいヒロインである。

点数:84/100点
 素点だけでいくと、60点がいいところ。続編を派手にしようとするあまり不要な見せ場を詰め込みすぎる、という『スパイダーマン3』同様の過ちを犯している。だが、筆者としては、大好きなアイアンマンを大スクリーンで2時間堪能できるだけで満足してしまうのだった。それでも、まぁ、+10点が限界だろうか。じゃあ、もうスカヨハのおっぱいに左右7点ずつあげて、帳尻を合わせることにしよう。

(鑑賞日:A long time ago...)


















アイアンマン2 [DVD]

新品価格
¥980から
(2013/3/23 23:25時点)


アイアンマン2 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥5,559から
(2013/3/23 23:26時点)


【ムービー・マスターピース】 『アイアンマン2』 1/6スケールフィギュア ウィップラッシュ

新品価格
¥34,000から
(2013/4/21 17:12時点)


【ムービー・マスターピース】 『アイアンマン2』 1/6スケールフィギュア アイアンマン・マーク4

新品価格
¥41,800から
(2013/3/29 21:42時点)


【ムービー・マスターピース】 『アイアンマン2』 1/6スケールフィギュア アイアンマン・マーク5

新品価格
¥19,800から
(2013/3/29 21:42時点)


【ムービー・マスターピース】 『アイアンマン2』 1/6スケールフィギュア アイアンマン・マーク6

新品価格
¥55,000から
(2013/3/29 21:43時点)


【ムービー・マスターピース】 『アイアンマン2』 1/6スケールフィギュア ブラック・ウィドー

新品価格
¥29,800から
(2013/4/21 17:13時点)


スカーレット・ヨハンソンの百点満点大作戦 [DVD]

新品価格
¥400から
(2013/3/23 23:27時点)


関連記事
スポンサーサイト

Tag:アイ・ラブ・ニューヨーク 男には自分の世界がある 劇場鑑賞作品 後天的ヒーロー

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。