27
2012

[No.81] ラブ・シック(Love Sick) <84点>

lovesick.jpg

キャッチコピー:unknown

 いま、愛に生きます!

三文あらすじ:ある男が女性に振られてしまう。ところが、失意に暮れるもつかの間、路面電車の停留所で一目惚れした彼は、電車に追いつこうと町中を奔走。恋の病(Love Sick)にかかった彼の想いは、果たして成就するのか・・・

<本編(4分32秒)>



~*~*~*~

 
 前回紹介した『When You Love Someone』は、元カノの面影を中々忘れられない男の物語だった。いわば”女々しくて女々しくて”である。

 しかし、今回の主人公はひと味違う。冒頭、女性に振られ失意に暮れるもつかの間、すぐさま別の美女に一目惚れ。本作の英語はネイティブすぎてよく聞き取れないのだが、路面電車の停留所で見かけた女性を”夢の女性”と評している。なんと惚れっぽい…いや、ポジティブシンキングな男だろうか。

 しかも、前後の台詞を参照すると、この出会いは、彼にとって”ロミオとジュリエット”あるいは”メグ・ライアンとトム・ハンクス”に匹敵するような運命の恋であるということになる。

 ちなみに、メグ・ライアンとトム・ハンクスは『めぐり逢えたら』『ユー・ガット・メール』など多くのラブコメで共演している、いわば”運命の恋人”の代名詞。特に、この2作では、お互い顔も知らないままコンタクトを取っていた2人が運命的に出会い、恋に落ちる。

 そんな歴史に残る名カップルを引き合いに出すのもどーかしているなら、一瞬で彼女とのキス、結婚、出産までを妄想してしまうのもかなりクレイジー。もう完全に”恋の病”だ。

 しかし、彼は単なる妄想狂ではない。一瞬で電車が次の停留所に着くまでの距離を計算、ショートカットを考慮した最短距離をはじき出し、一目散に駆け出すのだ。スゴイぞ!前回の主人公とは大違いである。

 この後、彼が町中を奔走するシーンは、極めて軽快で楽しく気持ちいい。絶好調で”MASSIVE SHORTCUT”に突入するも、車にはねられてしまい、もうダメか・・・と思いきや、自転車の少年を発見する展開や、結局次の停留所に間に合わず、もうダメか・・・と思いきや、カフェに居る彼女を偶然発見するという展開も、ベタベタながら極めてドラマチックかつヒロイックでワクワクする。意を決して彼女に真心の愛を訴えると、実は彼氏がいて殴られる、というのもお約束。非常にテンポよく愉快なショートフィルムだ。

 やっぱりジャスティン・ビーバーは正しかった・・・とまたまた失意に暮れる彼の目の前を、美しいランナー、いわゆる”ビジョガー”が颯爽と走り去る。刹那、性懲りもなく恋に落ち、彼女の後を追って走り出す男。スーパーポジティブ!

 そんな訳で、彼は今日もどこかで恋をしているのだろう。頑張れ、失恋男!

点数:84/100点
 確かに、バカバカしい話だし、一歩間違えれば彼はストーカーだ。しかし、やっぱり男にとって大事なのは、飽くなきポジティブシンキングと冷静な行動力。言い換えるなら”熱いハート”と”クールな頭脳”である。いつの日か、彼のドリルが天を衝く日が来ることを、筆者は願って止まない。

(鑑賞日[初]:2012.4.27)






天元突破グレンラガン コアドリル ネックレス

新品価格
¥302,000から
(2013/3/26 18:52時点)


恋のクスリ。―ポジティブ恋愛診療室

新品価格
¥1,260から
(2013/3/26 18:53時点)



関連記事
スポンサーサイト

Tag:男には自分の世界がある

2 Comments

-  

なんだか爽快になるショートフィルムですね。

2012/05/08 (Tue) 17:12 | EDIT | REPLY |   

Mr.Alan Smithee  

Re:

そうですよね。
”幸せ”は人それぞれだなぁと感じます。

2012/05/14 (Mon) 19:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment